湘南希望の郷ケアセンターより
「おもちゃひろばロリポップ」さんの教材を活用した取り組みの報告です!


湘南地域を中心に布おもちゃ作品を養護学校、福祉施設等に貸し出しのサービスを行っている「おもちゃひろばロリポップ」さんから教材をお借りしました。お借りした教材は余暇プログラムや自立課題の一つとして取り入れています。
見た目の楽しさ、かわいらしさや布製ならではの感触などが特徴的です。また、鬼の的当て(写真左下)=投げると連想しがちですが、「持って行ってくっつける」など様々な方法で活用しています。アイデア次第でその方たちに沿った遊びや自立課題として活用でき大変重宝しています。
ロリポップさんからは、教材のリクエストがあれば相談してほしいとのことで大変うれしく思っています。
取り組みの様子・使い方などをみていただき、支援に活用できるアイデアについても一緒に考えていく等の連携を取りながら利用される方々の支援の向上につなげていきたいと思います。

 




    ※下の画像をクリックするスマホで撮影した動画が流れます