チャレンジⅡより「高次脳機能障がい事例検討会」の報告です!


 高次脳機能障がいの事例検討会を開催しました

 2020年10月27日に、「高次脳機能障がい事例検討会」を開催しました。
 新型コロナウイルス感染症の影響で会場開催が可能かどうか見通しの持てない中でのご案内でしたが、医療機関、介護保険、障がい福祉、就労支援等々、様々な分野から定員を上回る多数のお申し込みを頂きました!泣く泣くお断りせざるを得ず、嬉しい悲鳴でした。次回も支援者向けに2月に開催する予定ですので、今回参加できなかった方は是非そちらにご参加頂きたいと思います。多数のご応募ありがとうございました!!
 当日は新型コロナウイルス感染防止のため、検温、手指消毒の徹底やフェイスシールドの配布、換気等に加え、ソーシャルディスタンスを保つため例年行ってきたグループワーク方式ではない方法で開催いたしました。

 

 

 参加者からは「とても有意義でした」「自分では思いつかなかった支援を知ることが出来た」「質問を繰り返すことによって具体的になっていくことがわかった」等のご意見を頂きました。
 また、「落ち着いてきましたらぜひグループワークも」とのご意見もあり、今後の開催方法や内容について検討していきたいと考えています。

 

 アンケートの中には「総合的に高次脳機能障がいのことを勉強したい」「高次脳機能障がいについて知らないことが多く、もっと知りたいと思うようになった」というご意見もいただいております。
 チャレンジⅡでは事業所に出向いての勉強会や事例検討会等、出張講座の取り組みも行っております。ぜひお気軽にお声かけください。