湘南希望の郷ケアセンターより「コロナ禍をともに乗り越えよう」手作りマスクの寄贈をいただきました!

 

コロナウィルスの不安が広がる中、温かいニュースです。

   利用を自粛されている利用者様から手作りのマスクを寄付していただきました。ケアセンターに来られないけれど「心はひとつ」
   ということを強く感じ勇気づけられました。こういう時こそ人と人の絆で乗り越えていきたいですね!
 
   一日も早くこのマスクでお迎えできる日がくることを職員一同願っています。

 
頂いたマスクを職員みんなで付けて記念撮影
 
頂いたマスクとお手紙
頂いたマスクは色々な柄が入っていました
利用者さんがマスクとお手紙を持って記念撮影

  

   ~お手紙の内容です~

 

     希望の郷ケアセンター スタッフ様

 

     いつもお世話になっております

 

     布マスクを作成しましたのでお役立てを頂ければ幸いです

 

     ※ゴムは入手出来なかった為、代用品を使い

 

      軽く結んでありますので、長さは調整して下さい