冬の散歩シリーズ① ~寒川神社編~

 

暖かな日差しが降り注ぐ1月初旬。

 

古くより八方除の守護神として信仰されている寒川神社に入居者5名職員5名で初詣に行きました。

 

初詣の参拝者数は神奈川県内の神社では鶴岡八幡宮に次いで2番目に多いとの事で、この時期まだまだ参拝者が多い中、厳かな気持ちでいざ境内へ。

 

手水舎(参拝者が身を浄めるために手水を使う所)付近の入り口から入ると、参拝者を迎える『迎春ねぶた飾り』に彩られた巨大な神門が目の前に現れます。

 

「おお、すごいなぁ」と口々に発せられる声、声、声…。その迫力に圧倒されつつくぐりぬけ、いよいよ拝殿前へ。

 

「良いご利益があるといいね」と入居者の皆さんと言葉を交わしつつ拝礼…。

 

『今年も良い年となります様に…』と改めて祈願したのでした。