お知らせ

視覚障がい者リハビリテーション体験会を開催しました!

 2017年(平成29年)11月7日(火)、藤沢市点字図書館にて、七沢自立支援ホーム、藤沢市点字図書館との共催により、「視覚障がい者リハビリテーション体験会」を開催しました。今年で2回目の開催です。2名の訓練士によるマンツーマン対応で、合計4名の方に参加して頂きました。参加者は50代~70代の方で、全盲ではないが見えにくくて生活に困っている方々でした。

 

 当日は、文字を拡大したり音声で案内する機器の他、生活に便利な様々な用具をご紹介させて頂きました。訓練体験は、歩行訓練を中心に、床に落とした物や机の上にある物の探し方等を体験して頂きました。

 

 参加者からは、「見えないことへの恐怖や将来の不安があったが、様々な支援機関があることや、生活に役立つ道具や機器、訓練があることを知ることができて、心強く思えた。」「これまで白杖を持たずに歩いて怖い思いを何度もした。白杖の使い方を知り、白杖をもつことで安心感が得られた。早速、白杖を購入したい。」などの感想が寄せられました。

 

 「視覚障がい」という言葉を聞くと、ご自分とは無縁のように感じる方も多いかもしれませんが、高齢化に伴い、老眼でピントが合いにくくなったり、白内障などで見えにくくなる方は、比較的多くいらっしゃるのではないでしょうか?「自分や家族がもしも見えにくくなってしまったら?」と想像して頂き、見えにくいことへの不自由さをサポートする方法について、もっと多くの方に関心をもって頂ければと思います。