光友会40年の歩み 公開座談会

法人主催の職員研修が7月15日に開催されました。

 

今回の研修では、法人理念の浸透を目的に、法人創設期からかかわりの深い方たちに40年の歴史を振り返りながら、福祉への思いや無いものを創る発想などを座談会形式でお話しいただきました。

 

インタビュアーに東京学芸大学や昭和学院短大、湘南看護専門学校などで講師をされている長渕晃二氏をお迎えして、五十嵐理事長はじめ本谷部長や八十島部長、神奈川ワークショップの平澤所長等々、また、利用者さんからも希望の郷の石原さんや福田さん、神奈川ワークショップの平野さんや松井さんがパネラーとして参加してくださいました。

 

法人創設40年の時間の流れのなか、時代が進み若い新しい職員さんが増えていても、創世記を築き上げた先人の想いや忘れてはいけないことをきちんと継承していくためにもこういった研修の必要性を確認し合いました。 

 

 座談会のパネラーの大役をこなされたお二人から一言感想をいただきました。

 

 

 

 

五十嵐理事長の法人設立時の思いや、故五十嵐光雄先生の貴重なエピソード等、法人40周年の歴史と、草創期を築いてきた人達の熱いメッセージを聴くことができた、とても有意義な会でした。 

                                                                                                                                                                          石原


 

 

 

今回参加してみて、昔の事が懐かしく感じました。思い返すと、もう35年もの月日が経っていて、今まで沢山の事にチャレンジしてまいりました。今現在は、身体も重度化して以前の様にはいきませんが、新たに今出来る事をこれからもやっていきたいと思います。        

                                                                                                                                                                          福田